2011/08/28

口笛と歯笛について考えた

先日、twitterで質問を投げかけたところ、全くレスが無かった問題なんですが(笑)


日本では、あまり使う言葉でもないし、吹く人もそれほどいないけど

「歯笛」は口笛よりお行儀が悪い様に思われている子供のイタズラ、的に捉えられている面も否めません。


口笛も日本では行儀の悪い行動だと思われている面もありますが、この動画の様に本当に芸術的な口笛奏者も世界には数多くいらっしゃいます。







そして、何気な~く「そういえば、歯笛って英語で何というんのだろう?」と頭をよぎり、とりあえず検索してみました。


しかし、そもそも辞書にない言葉らしく 「歯笛 英語」だと全く検索されません(笑)




そんな時に偶然、当店にアメリカのブルース ピアニスト 「Whistlin' Alex MooreのARHOOLIE盤が入荷し、



そして、このWhistlin'=「口笛」 と ブルースって面白い組み合わせだな、とその心地良い音色を楽しんでおりました。



そして、このアーチストについても何気なく検索すると、



YOUTUBEに1960年頃?の御本人の動画があるではないですか?!




早速、どんな姿で演奏しているんだろう、楽しみだな!と期待して




見ること数秒、





これはあきらかに歯笛じゃないスカ!



ということで、

歯笛は英語では「WHISTLING」である、と謎が解けました(笑)